怖い認知症を予防する日頃のテクニック│新製品と新成分の登場で有効成分は数多く発見

ジョギング

高い血糖値を下げる成分

サプリメント

糖尿病の方は、慢性的に高くなっている血糖値を下げる必要があります。サプリメントで有効成分を摂り、効率的に血糖値を下げましょう。ミネラルやリコピン、アルポラン、ノビレチンが、糖尿病の方におすすめの有効成分です。

View Detail

ポリフェノールで予防する

散歩

ポリフェノールは、アルツハイマー型認知症の予防に非常に効果的です。食品から摂取する場合は、赤ワインや高カカオチョコレートなどが良いでしょう。これらの食品が苦手な場合には、サプリメントを用いるのもおすすめです。

View Detail

新製品と新成分の登場

老人

腸内環境を整えられる有効成分は数多く発見され、サプリメントの開発が進んでいます。今後はさらに多くのサプリメントや健康食品が開発されていくでしょう。その際に新成分が登場したら性質をよく知ってから使用することが大切であると知っておく必要があります。

View Detail

コーヒーは脳に良い

老夫婦

コーヒーの力

コーヒーは今も昔も長年多くの人にのまれ続けられている飲み物で、愛飲者は今でも絶えません。それどころかコーヒーチェーン店が続々日本国内にオープンされ、老若男女問わずいろんな人がコーヒーを飲んでいます。そのコーヒーには実は認知症を予防する効果があるといわれており、飲んだ人と飲んでいない人との脳内を調べたところ、コーヒーを飲んだ人のほうが脳の活性が良くなっていったことが研究でわかったのです。香りにもリラックス効果があり脳に負担をかけるストレスも緩和させる力があります。その情報がネットニュースなどで広がると認知症を予防する目的を含めてコーヒーを飲もうとする人が増えてくるようになり、これからもコーヒーの人気が劣ることはないかと考えられます。

飲む目安

しかしコーヒーにはカフェインが含まれていることから、とくに女性は避ける人が多くいます。カフェインは飲みすぎることで鉄分を体の外に流してしまう働きがあり、鉄分が不足しがちな女性はコーヒーを飲まないでいることがあるのです。せっかく認知症の予防効果のあるコーヒーなので、飲むことができるのであれば飲みたいという人もいるかもしれません。ですが要は飲みすぎなければ良いことで、1日2は以下3敗を目安に飲めば良いのです。そしてコーヒーは胃を荒らしてしまうこともあるため、胃が弱いと感じる人はブラックで飲むのではなくカフェオレやカプチーノなどミルクを加えて飲むことで胃を荒らさずに飲むことができるようになります。認知症を予防したいと考えている人は最近多くなり、今からでも対策を考えて行なっていくことは可能です。