怖い認知症を予防する日頃のテクニック│新製品と新成分の登場で有効成分は数多く発見

ストレッチ

ポリフェノールで予防する

散歩

抗酸化作用が効果あり

日本人に発症する認知症で最も多いアルツハイマー型認知症は、不可逆的な進行性脳疾患と言われています。つまり、一度発症してしまうと進行するばかりで改善することは無いということになります。なので、アルツハイマー型認知症にならないようにすることが一番の対策となります。アルツハイマー型認知症のほとんどが60歳以上の高齢者に発症します。これは老化が大きな原因と考えられており、アルツハイマー型認知症の予防には老化を防止することが重要になります。細胞の老化には、活性酸素が深く関わっています。活性酸素には強い攻撃力があり、ウイルスや細菌を退治する役割があります。しかし、必要以上に増加してしまうことで、細胞の老化を引き起こしてしまいます。その活性酸素を分解除去するとして、近年注目を集めているのが「ポリフェノール」です。高ポリフェノールをうたった健康食品もどんどん増加しています。

食品やサプリメントから

ポリフェノールが含まれる食品として広く知られているのは、赤ワインです。赤ワインの赤い色素がポリフェノールになります。他にも、チョコレートに豊富に含まれているとして数年前から話題になっています。嗜好品として売られている甘いチョコレートではなく、カカオの成分が70%以上の高ポリフェノールチョコレートがそれにあたります。これらの食品を摂取することで、アルツハイマー型認知症の予防になります。しかし、ワインが飲めない人も少なくありません。そして、カカオ成分の高いチョコレートは非常に苦く、食べにくいです。なので、一番簡単で誰でも実践できるのはポリフェノールのサプリメントを飲むことです。この方法でしたら、ストレスなく続けることができるので大変おすすめです。